立川広己画伯作『幸せの黄花』
洋画家・専業画家 立川広己 画伯作「幸せの黄花」


 洋画家専業画家であり現代美術家でもある、 立川広己画伯。
数多い 立川広己画伯の作品の中から、代表作品の一つである『幸せの黄花』を紹介します。


  立川広己画伯は、いわゆる『薔薇図』、桜などの生花や、 古木など、ダイナミックな明るい作品が、
新宿伊勢丹美術画廊をはじめとした、全国有名デパート各店にて、
大人気の、現代を生きる洋画家の大家のおひとりです。
ここでは、デパートをはじめとする画廊で開催される個展や展覧会で
頻繁に出展される作品群のうちの、人気の 『華麗なる花々シリーズ (花シリーズ)』
その中から、頻繁に出展される、作品『幸せの黄花』を
クローズアップしてみたいと思います。

  立川広己画伯の作風は、インパクトの強いタッチで、
躍動感あふれる神秘の色彩で迫ってきます。
そんな作風を 立川広己の世界 立川広己WORLDとも
よく表現されております。


 以上のような、明るい作風の作品で広く知られている、 立川広己画伯ですが、
今回の『幸せの黄花』。明るい作風で、観た人に元気を与えてくれる作品です。
以下で、定義的に紹介してみたいと思います。



幸せの黄花」とは、
インパクトのある色彩と力強いタッチで描き、
全国で長年に渡り好評を博し続ける、洋画家、
現代美術家、専業画家、 立川広己画伯によって描かれた洋画作品である。
売れっ子画家として 立川広己画伯
その数多い代表作品のうちの一角を形成する作品。
「花の作家」として、高い評価を受けている 立川広己画伯
多数ある「 花シリーズ」の中の作品の一部である。


「感動を素直に表現していきたい」
という 立川広己画伯本人の言葉(― 立川広己画伯語録 ―より)通り、
黄色い花が描かれた躍動的な作品で、
画面いっぱい「 立川広己の世界
(「立川広己ワールド」「立川広己WORLD」)が存分に発現されている。
この作品は、観た人の生活が潤うことを目的に描かれる、明るく元気な作品で、
主に、全国各地で 立川広己画伯が開催する個展や、
立川広己画伯が招待される展覧会において
出展されることの多い作品である。

人気画家の人気作品の一つであるがゆえ、
著名美術専門誌上で、個展開催等と併せて独占特集記事にされ、
公開されることも多い。
これら公式なマスコミ取材ごとに、新たに、
芸術家としての 立川広己画伯語録が生まれ続けているという派生的な側面も持つ。

個展や展覧会会場に、テレビカメラが入ることも多々あり、
この作品と共に 立川広己画伯も放映されることがある。



その一つの代表作として、今回、紹介を続けている作品。
洋画家 立川広己画伯作『幸せの黄花』。



 本作品は、大胆な筆致と鮮やかな色彩で、描かれている。
パワーあふれる花の作品で人気を博す。
これら花の作品には様々な評価がなされている。
その一部は以下のようである。

迫力のあるモチーフを選び、大胆に筆を運ぶ。
一瞬の閃きから溢れるアイディアを描き上げ、
観る人に大いなる感動を与えたいという 立川広己先生
制作された作品が放つオーラは圧倒的である。

これらは、作家 立川広己画伯の心象風景をもとに制作される。
花のあふれんばかりの生命力に感化され、
その衝撃から生まれた作品には、
作家 立川広己画伯の心を通して生まれた新たな色彩の華が咲き誇る。

インパクトのある色彩と力強いタッチで描き、日本全国で好評を博し続ける 立川広己先生
 更に発展して、新たな作風も次々と生み出され、
かつてからの作風の作品と併せた相乗効果で、
より深みのある作品を生み出している 立川広己先生、という評価までなされている。

 この作品には、特筆すべきことがあります。それは・・・
本作品「幸せの黄花」の、 立川広己先生自身による、寄贈です。

すなわち、

富山県富山市、富山国際会議場。
平成21年(2009年)5月23日(土)5月24日(日)5月25日(月)開催、展覧会
― 入場無料 ―、
「第49回一枚の繪 富山大絵画展」に招待され来場した、 立川広己先生
この場で自身 立川広己画伯作「幸せの黄花」油彩F15号 を、
富山市立山室小学校へ寄贈された。
そして、寄贈作品、 立川広己画伯作「幸せの黄花」油彩F15号は、
富山市立山室小学校において所蔵されています。


つづいて、せっかくなので、本作品について、
以下のことがらも、紹介しておきましょう。

本作品「幸せの黄花」が、出展された個展・展覧会等です。

ざっと挙げるだけでも結構な回数、出展されております。

大阪府守口市、京阪百貨店守口店7階。
京阪ギャラリー・オブ・アーツ・ アンド・サイエンスにて。
2007年(平成19年)1月11日(木)〜1月16日(火)開催、展覧会及び個展、
「一枚の繪 暮らしを彩る 大絵画展 ― 立川広己 ―華麗なる花 美しき風景― 」。
ここで「幸せの黄花」 等が出展されております。
立川広己画伯は、2007年(平成19年)1月11日(木)〜1月16日(火)まで来場、作品紹介。


つづいて、
愛媛県松山市、いよてつ高島屋 6階 美術画廊にて。
平成19年(2007年)10月24日(水)〜10月30日(火)開催
ここでも「幸せの黄花」 出展。
いわゆる会いにいける画家、会いにいける美術家として、作家 立川広己画伯本人が、
2007年(平成19年)10月24日(水)〜10月28日(日)会場に登場。


そして、
佐賀県佐賀市、佐賀玉屋南館6階 若楠・銀杏にて。
平成20年(2008年)2月26日(火)〜3月2日(日)開催、展覧会、
「第7回 一枚の繪 佐賀絵画展」。
ここでも「幸せの黄花」 出展。
招待画家、 立川広己画伯ご本人は、
2008年(平成20年)2月28日(木)〜3月2日(日)来場し、
作品説明されております。


まだまだ、あります。

広島市・天満屋広島八丁堀店 7階 美術画廊にて。
平成20年(2008年)7月17日(木)〜7月23日(水)開催、展覧会、
「一枚の繪 特選洋画市」。
ここでも「幸せの黄花」F6号 出展。


そうして、
東京・有楽町、東京国際フォーラムB1ロビーギャラリーにて。
平成21年(2009年)2月26日(木)〜3月1日(日)開催、展覧会、
「第4回アートフェスタ in 東京フォーラム」(東京・有楽町東京国際フォーラム) ― 一枚の繪がお届けする200点のコレクション。
入場無料。― において、
招待人気画家として、 立川広己画伯は、
2009年(平成21年)2月26日(木)〜3月1日(日)まで来場。
「幸せの黄花」 F10号 等を 出展されました。


まだまだ続きます。

新潟県、妙高市文化ホール 1階コミュニティ広場にて。
平成21年(2009年)6月12日(金)〜6月14日(日)
「第5回 一枚の繪 妙高絵画展」。
「幸せの黄花」油彩8号 出展。
招待画家として、 立川広己画伯が、人気作家として
2009年(平成21年)6月12日(金)〜6月14日(日)会場に登場致しました。


そして、
富山県氷見市、明文堂書店氷見店カフェ内特設会場にて。
平成22年(2010年)10月29日(金)〜10月31日(日)開催、
個展、 Hiromi Tachikawa
「鮮烈な花々のシンフォニー 立川広己 油彩画展」。
「幸せの黄花」油彩4号 出展。
立川広己画伯本人は個展会場に、
2010年(平成22年)10月29日(金)〜10月31日(日)出席、作品案内されております。


さらに、
山形県酒田市、マリーン5清水屋 4Fミュージアム5にて。
平成28年(2016年) 9月30日(水)〜10月6日(火)開催、個展、
「(山形県酒田市)第5回 立川広己 油彩 展」。
ここでも、「幸せの黄花」F3号 出展されました。
いわゆる会いに行けるアーティスト、会いに行ける現代美術家として、
立川広己画伯 本人が個展会場に、
2015年(平成27年)9月30日(水)〜10月4日(日)出席、作品案内。


そして、
山形県酒田市、マリーン5清水屋 4Fミュージアムにて、
平成29年(2017年)10月4日(水)〜10月10日(火)開催、個展、
「(山形県酒田市)第6回 立川広己 油彩 展」。
「幸せの黄花」SM 出展されました。


また、
京阪百貨店守口店 8F 大催事場 京阪美術画廊にて、
平成30年(2018年)1月2日(火)〜1月9日(火)開催、展覧会
「一枚の繪 暮らしを彩る 新春 大絵画展」。
ここでも「幸せの黄花」油彩 F8 出展。
いわゆる会いに行ける芸術家・会いに行ける洋画家としての
特徴も持つ 立川広己画伯 本人は、
特別招待画家として、2018年(平成30年)1月2日(火)〜1月4日(木)、
会場に出席・自ら作品案内を行なっております。


つづきます。
2019年(令和元年)5月15日(水)〜5月21日(火)愛媛県松山市、
いよてつ高島屋6階美術画廊 にて個展「第8回 立川広己 洋画展」開催。
会期中、令和元年(2019年)
5月15日(水)〜5月20日(月)までは午前10時〜午後7時30分、
最終日、令和元年(2019年)5月21日(火)は、午前10時〜午後4時までで閉場。
立川広己画伯は、「 幸せのミモザ」F6、「フィレンツェの郊外」F6、
「躍・華」F3、「赤不二 」F4、「紅花」SM 等を出展。
作家 立川広己画伯 本人は、5月17日(金)〜5月19日(日)まで3日間連日出席在廊。

東京・武蔵野市吉祥寺、東急吉祥寺店 8階 美術サロンにて、
令和元年(2019年)6月6日(木)〜6月12日(水)開催、個展、
「立川広己 油絵 展」
「幸せの黄花」油彩 15F 出展。


そして、
千葉県千葉市そごう千葉店 7階美術画廊にて、
令和元年(2019年)6月18日(火)〜6月24日(月)開催、
個展、 TACHIKAWA HIROMI
立川広己 油絵展」
ここでも、油彩「幸せの黄花」 出展されました。


令和元年(2019年)9月19日(木)〜9月24日(火)
千葉県船橋市にある 東武百貨店船橋店
「2019東武絵画市」イベントにて開催された個展。
立川広己 絵画展」。
ここで作家立川広己画伯本人は、9月19日(木)〜9月24日(火)まで連日出席。
「幸せの黄花」油彩 F10号 等を出展しています。
立川広己画伯作「幸せの黄花」
http://www.tobu-dept.jp/funabashi/event/detail/2351
千葉県船橋市・東武百貨店船橋店にて、2019年(令和元年)9月19日(木)〜9月24日(火)
「2019東武絵画市」イベントにて、個展「立川広己絵画展」。
http://www.tobu-dept.jp/funabashi/event/detail/1465
千葉県船橋市・東武百貨店船橋店2019年(令和元年)9月19日〜9月24日
イベントプラザ6階4・5番地2019東武絵画市
9月19日(木)〜9月24日(火)「立川広己絵画展」等





こうやって、 洋画家・現代美術界の大家立川広己画伯
幸せの黄花」を、いつ出展されたかを、
調べてみることも、興味深いことです。

 繰り返しとなりますが、本作品 「幸せの黄花」は、 主に、 「真紅のバラ」・「真紅の薔薇」・「深紅の薔薇」・「深紅のバラ」 「幸せのミモザ」 「赤い盛花」 などの作品と共に、 立川広己 画伯の作品群、 『華麗なる花々シリーズ (花シリーズ)』 の一角を形成する代表的作品の一つ。  今回は、立川広己画伯が、自ら、出展された「幸せの黄花」について、
ご紹介してみました。



洋画家 立川広己『幸せの黄花』

当ページ 先頭に戻る

当サイトTOPページへ


当ページ 先頭に戻る

当サイトTOPページへ

更新日
2019(令和元)年11月02日(土)
2019(令和元)年11月01日(金)
2019(令和元)年10月31日(木)
2019(令和元)年11月01日(金)
2019(令和元)年10月31日(木)
2019(令和元)年09月26日(木)
2019(令和元)年09月01日(日)
絵画屏風kaiga.byoubu.com ページ 4 黄花