立川広己画伯作『赤い盛花』
洋画家・専業画家 立川広己 画伯作「赤い盛花」


 洋画家・専業画家・現代美術家たる、 立川広己画伯。
数多い 立川広己画伯の作品の中から、代表作品の一つである『赤い盛花』を紹介します。


  立川広己画伯は、
新宿伊勢丹美術画廊をはじめとした、全国有名デパート各店にて、
いわゆる『薔薇図』、桜などの生花等、人気の「 花シリーズ」や、
古木の他、富士山、渓流、ヨーロッパ風景等、風景画など、
ダイナミックな明るい作品で人気の、
現代を生きる洋画家の大家のお一人です。
ここでは、デパートをはじめとする画廊で開催される個展や展覧会で
頻繁に出展される作品群のうちの、人気の「 花シリーズ」。
その中から、頻繁に出展される、作品『赤い盛花』を
クローズアップしてみたいと思います。

  立川広己画伯の作風は、 立川広己の世界 立川広己WORLDなどと
紹介されております。


 今回紹介する 立川広己画伯の『赤い盛花』。 明るい作風で、これまた、観た人に元気を与えてくれる作品です。
それでは、まず以下において、本作を定義的に紹介してみたいと思います。



赤い盛花」とは、
華麗な色遣いで通され創作された、洋画家、現代美術家で
専業画家でもある 立川広己画伯の人気作品の一つ。
華麗な「花の作家」として、高い評価を受け続ける 立川広己画伯の、
多数ある「 花シリーズ」の中の一部作品である。
パワーを放った色彩、ダイナミックで、リズミカルなタッチで描いた花々の作品である。
主に 立川広己画伯の個展や、画伯が招待された展覧会で発表される作品の一つ。


 この作品、「感動を素直に表現していきたい」
という 立川広己画伯本人の言葉(― 立川広己画伯語録 ―より)通り、
黄色い花が描かれた躍動的な作品で、
画面いっぱい「 立川広己の世界
(「 立川広己ワールド」「 立川広己WORLD」)が存分に発現されている。
この作品は、観た人の生活が潤うことを目的に描かれる、明るく元気な作品で、
主に、全国各地で 立川広己画伯が開催する個展や、
立川広己画伯が招待される展覧会において
出展されることの多い作品である。

人気画家の人気作品の一つであるがゆえ、
著名美術専門誌上で、個展開催等と併せて独占特集記事にされ、
公開されることも多い。
これら公式なマスコミ取材ごとに、新たに、
芸術家としての 立川広己画伯語録が生まれ続けているという派生的な側面も持つ。

 また、個展や展覧会会場に、テレビカメラが入ることも多々あり、
この作品と共に 立川広己画伯も放映されることがあります。
著名であられる 立川広己画伯ならではの、テレビ取材でしょう。



 数多い 立川広己画伯の作品のうち、一つの代表作として、
今回、紹介をしている作品。
洋画家 立川広己画伯作『赤い盛花』。



 それでは、本作品について、出展先の、紹介にうつります。すなわち、

本作品赤い盛花」が、出展された個展・展覧会等です。

この作品、挙げてみるだけでも結構な回数、出展されていることが分かります。

 まずは、
東京都府中市、伊勢丹府中店 7階特設会場 にて。
2006年(平成18年) 1月18日〜1月21日、
府中伊勢丹・絵画展。
「赤盛花」 等を 立川広己画伯は出展。
立川広己画伯は、平成18年(2006年)1月18日(水)〜1月22日(日)に出席し
作品紹介等を行っています。
なお、招待画家として、 立川広己画伯の他に、画家1名出席しました。


 つづいて、
東京都、東京国際フォーラムB1ロビーギャラリー にて。
2006年(平成18年)3月24日(金)〜3月26日(日)、開催、展覧会、
「一枚の繪 アートフェスタ in 東京フォーラム(一枚の絵国際フォーラム絵画展)」入場無料。
ここでも、「赤い盛花」F4号 を出展されました。
招待画家として、 立川広己画伯は、
平成18年(2006年)3月24日(金)〜3月26日(日)会期中全出席。
この展覧会で、他に 立川広己画伯は「花の乱舞」F15 等を出展。
他の画家含めた展示作品数、約200点。
立川広己画伯以外にも、他4名画家出席しました。


 そして、
東京都、東京フォーラム B1ロビーギャラリーにて。
平成19年(2007年)3月15日(木)〜3月18日(日)、開催、展覧会、
「一枚の繪 第2回 アートフェスタ in 東京フォーラム」。
ここでも、 立川広己画伯は「赤い盛花」(油彩)F4号 等が出展されました。
精鋭選抜展第20回記念大展金賞受賞・自由美術協会会員として、
立川広己画伯が招待されました。
立川広己画伯は、本展覧会に招待画家として
2007年(平成19年)3月15日(木)〜3月18日(日)出席され、
会いにいける画家、会いに行けるアーティストぶりを発揮されています。
本展覧会には、他の招待画家として、
精鋭選抜展第20回記念大展金賞受賞・自由美術協会会員 立川広己画伯と、
他画家2名が、全日出席した。


 まだまだ、あります。
新潟県、新潟伊勢丹7階 アートホール にて。
平成19年(2007年)4月19日(木)〜4月23日(月)、開催、展覧会、
―大家・巨匠から人気作家まで300点― 百万人の美術市、 立川広己 華麗なる花々
立川広己画伯は、「赤い盛花」 等を 出展。
本展覧会・個展に、招待画家として 立川広己画伯が出席し、自ら作品紹介を行いました。
招待画家としては 立川広己画伯以外にも、他画家1名が出場した。


 つづいて、
千葉県浦安市、ショッパーズプラザ新浦安 1階プラザイベントホール にて。
平成19年(2007年)5月8日(火)〜5月14日(月)、開催、展覧会、「一枚の繪絵画展」。
立川広己画伯は「赤い盛花」等を出品したが、会場へは未出席でした。
この展覧会は、人気作家の新作洋画を多数集め、新浦安で開催された絵画展でした。


 続いて、
大阪府、高島屋大阪店 7階 特設会場。
平成19年(2007年)6月20日(水)〜6月26日(火)、
「一枚の繪 夏のアートマーケット 立川広己 華麗なる花々―」。
立川広己画伯は、「赤い盛花」などを出展。
招待画家として 立川広己画伯は、平成19年(2007年)6月20日(水)〜6月26日(火)まで来場し、
会いに行ける現代美術家、会いに行けるアーティストぶりを発揮されました。
招待画家としては画家他1名来場。
なお期間中絵画を買上げられた方に「月刊一枚の繪」を一年間分プレゼントされた。


 そして、
鳥取県米子市、米子しんまち天満屋 5階てんまやホール にて。
平成19年(2007年)11月14日(水)〜11月20日(火)、開催、展覧会、
「第18回百万人 の洋画市」。
立川広己画伯は「赤い盛花」、等を出展。
招待画家として 立川広己画伯は、
平成19年(2007年)11月14日〜11月19日まで出席し、作品紹介。
新鋭から巨匠まで最新作250点を展示。
来場者には、もれなく一枚の繪特製カレンダーがプレゼントされました。
作品を買い上げられた方には「月刊一枚の繪」を一年間無料贈呈。
招待画家としては他に画家1名出席。


 さらに、
岡山市、天満屋岡山店6階 葦川会館。
平成20年(2008年)10月28日(火)〜11月3日(月・祝)、開催、展覧会。
「第49回 百万人の洋画市」。
立川広己画伯は、「赤い盛り花」F6号 等を出展。
作家 立川広己画伯本人は、平成20年(2008年)10月28日(火)〜11月3日(月・祝)出席し、
会いにいける洋画家、会いにいける芸術家ぶりを大いに発揮された。
本展覧会では、巨匠から新鋭まで200点が展示された。
来場者毎日先着100名には「一枚の繪特製美術カレンダー」が進呈された。
他に人気画家2名が、招待画家として出席しました。


そして、
長崎県佐世保市、トゥインクル西沢、8階催事場にて。
平成20年(2008年)11月13日(木)〜11月17日(月)佐世保絵画展。
立川広己画伯は、「赤い盛花」F6号 等を出品。
招待画家として立川広己画伯本人は、
平成20年(2008年)11月13日(木)〜11月16日(日)まで出席した。
立川広己画伯は、「赤い盛花」F6号以外にも「春のうらら」F6号 等を出展。
期待の若手新鋭から芸術院会員の力作・秀作約200点を展示販売された。
人気画家が他に1名招待画家として出席。


 また、
富山県高岡市、高岡商工ビル2階大ホールにて。
平成20年(2008年)11月28日(金)〜12月1日(月)開催、展覧会、
「第25回 一枚の繪高岡 絵画展」。
招待された立川広己画伯には、
一つのコーナーが設置され、「赤い盛花」F6 等を出展。
招待作家としての、立川広己画伯は、
平成20年(2008年)11月28日(金)〜12月1日(月)出席した。
会期は、11月28日(金)午後3時〜午後8時、
11月29日(土)〜12月1日(月)午前10時〜午後8時。
主催は、文苑堂書店。新鋭から大家・巨匠まで300点の絵画が展示された。
立川広己画伯は他2名の招待画家と共に、
平成20年(2008年)11月28日(金)〜12月1日(月)出席した。
一つのコーナーが設置された立川広己画伯は
この「赤い盛花」F6の他「幸せのミモザ」F3 等を出展している。



 以上、 洋画家・現代美術界の大家立川広己画伯が
赤い盛花」を、いつ出展されたかを、
紹介してみました。




洋画家 立川広己『赤い盛花』

当ページ 先頭に戻る

当サイトTOPページへ

更新日
2019(令和元)年11月02日(土)
2019(令和元)年11月01日(金)
2019(令和元)年10月31日(木)
2019(令和元)年09月03日(火)
2019(令和元)年09月01日(日)
絵画屏風kaiga.byoubu.com ページ 5 赤い盛花 akamori.html