立川広己画伯作『横たわるトルソ』
洋画家・専業画家 立川広己 画伯作「横たわるトルソ」


 洋画家専業画家の、立川広己画伯。
数多い立川広己画伯の作品の中から、代表作品の一つである『横たわるトルソ』を紹介します。


 立川広己画伯は、いわゆる『薔薇図』、桜などの生花や、 古木など、ダイナミックな明るい作品が、
新宿伊勢丹美術画廊をはじめとした、全国有名デパート各店にて、
大人気の、現代を生きる洋画家の巨匠のおひとりです。
たとえば、デパートでの個展は、この記事を記載した近時点でも、
仙台市の藤崎本館6階美術ギャラリーにて、
2019年(令和元年)6月27日(木)〜7月3日(水)午前10時〜午後7時30分
ただし最終日は午後4時30分閉場として、立川広己画伯 油彩展。
など、精力的に、個展を開催されておられます。
 立川広己画伯は、現在進行形で、精力的に、新たな技法をも取り入れ続け、
それらを融合的に駆使し、生み出される作品たちは、
立川広己の世界立川広己WORLDとも紹介されております。
  


 以上のような、明るい作風の作品で広く知られている、立川広己画伯ですが、
先にも紹介したように、様々な挑戦を現在も続けられている立川広己画伯。
その一方で、暗い作品も創作されております。
その一つの代表作として、今回、洋画家立川広己画伯作『横たわるトルソF100号』を紹介致します。


 この作品は、洋画家・現代美術界の大家立川広己画伯が、
2016年(平成28年)
自由美術展において発表された、大作です。

 立川広己画伯は、自ら、自由美術展について、
生と死をテーマの大作を発表する場として、
自由美術展を目されております。
2016年(平成28年)に発表された大作が、この『横たわるトルソF100号』という作品です。


 この作品は、実存主義、洋画家佐伯祐三の作品群、
さらにはフォーヴィスムの影響を強く受けているといわれています。


  立川広己画伯のファンをたくさん抱えている、人気の、明るい作風とは対照的に
時代背景を考えると、『死』ということを無視するわけにはいかない、
立川広己画伯は言われております。
 毎年自由美術展にて発表され続けられる、
立川広己画伯作の暗い、人間をモチーフにした作風の大作たち。
そのうち、2016年(平成28年)自由美術展発表の大作が、
立川広己画伯作『横たわるトルソF100号』で、
死から生の意味を問う作品です。





洋画家 立川広己『横たわるトルソ』

当ページ 先頭に戻る

当サイトTOPページへ


当ページ 先頭に戻る

当サイトTOPページへ

更新日
2019(令和元)年11月02日(土)
2019(令和元)年11月01日(金)
2019(令和元)年10月31日(木)
2019(令和元)年06月05日(水)
絵画屏風kaiga.byoubu.com ページ 3 横た